刺青との違い

目元入れ墨と混同されることもあるのが、アートメイクといってもいいでしょう。色素を使っていくところは同じで、皮膚に入れ込み定着させていきます。入れ墨は、色素を深く入れてキープすることになるため、一生入れた刺青が消えていきません。変色するようなことはあっても、失われることはないでしょう。しかし、アートメイクは施術方法にも違いがあり、徐々に色は薄くなっていきます。お手入れもしていく必要があるため、別のものとして捉えるべきです。

施術に使われている器具の違いは、皮膚のどの辺に色素を入れるのかという違いになって表れるのがポイントです。アートメイクは表皮に色素を入れていくところが重要で、さらに深い真皮には色素が入りません。ところが、刺青はこの真皮に色を入れていくことになり、抜けなくなるのが重要です。表皮は新陳代謝とともに角質が剥がれ落ちるのと同じで、どんどんと新しいものが作られていきます。アートメイクの色素が落ちていくのは、このせいです。1回の施術で定着させるのではなく、何回かに分けて定着させ、麻酔も使うのも違いといえるでしょう。無資格でおこなえる刺青とは違い、医師の施術となるため、安全な環境の中でできるとことも大きな違いとなっています。