刺青との違い

目元入れ墨と混同されることもあるのが、アートメイクといってもいいでしょう。色素を使っていくところは同じで、皮膚に入れ込み定着させていきます。入れ墨は、色素を深く入れてキープすることになるため、一生入れた刺青が消えていきません。変色するようなことはあっても、失われることはないでしょう。しかし、アートメイクは施術方法にも違いがあり、徐々に色は薄くなっていきます。お手入れもしていく必要があるため、別のものとして捉えるべきです。

施術に使われている器具の違いは、皮膚のどの辺に色素を入れるのかという違いになって表れるのがポイントです。アートメイクは表皮に色素を入れていくところが重要で、さらに深い真皮には色素が入りません。ところが、刺青はこの真皮に色を入れていくことになり、抜けなくなるのが重要です。表皮は新陳代謝とともに角質が剥がれ落ちるのと同じで、どんどんと新しいものが作られていきます。アートメイクの色素が落ちていくのは、このせいです。1回の施術で定着させるのではなく、何回かに分けて定着させ、麻酔も使うのも違いといえるでしょう。無資格でおこなえる刺青とは違い、医師の施術となるため、安全な環境の中でできるとことも大きな違いとなっています。

便利なアイライン

アートメイクを施術できる場所はいろいろとあります。主なパーツとして知られているのは眉でしょう。他にもアイラインやリップラインにも施すことが可能です。中でもアイラインは、自身でメイクするときにもまぶたの際に入れるのは簡単ではないでしょう。メイクが崩れた状態になると、直すのも大変です。これがアートメイクに置き換えることによって、時間の大幅な短縮になりますし、崩れてしまうような恐れもありません。直す手間もなくなることを考えると、アートメイクは大きな役割を持つことになります。

おばちゃんアートメイクは、とても自然に見えるように施していきます。若い人だけのものではなく、シニア世代であっても人気があるのは、その自然さにあるでしょう。デザイン性も高く、輪郭や表情、仕事のないように合わせて選んでいくと、さらに自然に見せることができます。はっきりしすぎて浮くと考えられることもありますが、なじむようなカラーを選択してくことになるため、自然に見えます。ベースメイクのひとつとして考えることができるほどであり、そこまでの負担もないからです。持続時間については個人差もありますが、手間も時間も減らせれば、負担の軽減に役立つのは間違いありません。最後に刺青との違いについて説明します。

関連HP〔アートメイク施術 / 美容皮膚科シロノクリニック

アートメイクの知識

メイク用品お化粧を毎日すると実際に考えてみると、かなりの手間にもなりますし、生活の中の時間を取っていると感じる人も多いでしょう。メイクの時間を短縮できるようになれば、その時間を他に使えるようになっていきます。生活自体も豊かにできるようになるでしょう。時間だけではなく、出来の問題もありますが、うまく仕上がるようにできるのであれば、越したことはありません。アートメイクは、こうした悩みを解決できる方法であり、人気になってきました。美容医療のひとつでもあり、医師の元でおこなっていく方法です。

メイクという部分で考えてみた場合、画期的な方法であるのは間違いないでしょう。専用の張りを使って染色していく方法であり、長期間保つことができるようになるからです。もちろん、簡単に落ちてしまうようなものではなく、メイクの時短につながります。整った状態を作り上げることができるため、知識などがなくても完成度を高めていけるようになるでしょう。この効果によって、メイク自体の心配事が減ってくるだけではなく、この時間を他に使っていけるようにもなります。メイクが苦手という人であっても、美しく安定感のある状態も作り上げられるようになるでしょう。もちろん、化粧崩れが起きたりすることもなくなります。

それだけに、アートメイクということをしっかりと考えていかなければいけません。トラブルにつながることもあるため、知識を持って臨むことが必要になってきますので、参考にしていただければ幸いです。

便利なアイライン